FC2ブログ
かなり適当な不定期日記(仮)
――日々の思いや出来事の織り成すカオスを言語化してみる。
スポンサーサイト
--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エイプリルフールの嘘つきのパラドックス
04月01日 (金)
自己言及のパラドックスの一種、嘘つきのパラドックスは、
私は嘘つきである
と言った場合、この発言が本当か嘘かわからない:
a) 私が嘘つきである場合:「私は嘘つきである」と言う発言も嘘で、
                 私は嘘つきでない事になり矛盾
b) 私が嘘つきでない場合:「私は嘘つきである」と言う発言も真実で、
                 私は嘘つきである事になり矛盾

簡単に言うとこんな事なのだけど。

これ、エイプリルフールの日に言ったらどうなるのか考えてみた。

私は嘘つきである
(ただし今日に限り、嘘つき以外も嘘を付いても良い)
なら、
a) 私が嘘つきである場合:この発言も嘘で、私は嘘つきでない?矛盾?
b) 私が嘘つきでない場合:普段なら「私は嘘つきである」が本当になり矛盾するが、
   今日に限っては「私は嘘つきである」と嘘を付いても良いので矛盾しない(!)

なんと、今日一日に限り、パラドックスが解消されてしまうようです!


因みに、
私は嘘つきである
(ただし今日に限り、嘘つき以外は嘘を付き、嘘つきは真実を述べる)
とすると、
a) 私が嘘つきである場合:今日限りは「私は嘘つきである」と真実を述べている
b) 私が嘘つきでない場合:今日限りは「私は嘘つきである」と嘘を付いている
となり、パラドックスは解消されるも、嘘つきかそうでないかはわからないようです…
スポンサーサイト
【暫定】紙の輪飾り(輪つなぎ)切断を擬似数学的に考えてみる【建設中】
03月24日 (木)
七夕とかお誕生会とかで飾る、輪飾り(輪つなぎ)ってあるじゃないですか。
こんな感じのです:
[輪飾りのフリー素材を探してきて貼る]

これに関しての面白話題なのですが。

先日、知人から
「紙の輪飾りを糊でくっつけてから、輪に沿って縦に切ると面白い」
と聞き、そして一緒に思考実験をしてみたり、実際にやってみたりしました。

[輪2つの切断説明図でも置く]
こんな感じに、くっつけた輪飾りを切っていくのですが…


まずは、できた物を紹介します。
(以下ネタバレなので、興味があったらまずやってみてください。)







輪1つから輪8つの輪飾りの切断・展開結果が、こちらです!

paper-chain-cut-1-4.jpg
paper-chain-cut-5-8.jpg
(クリックで拡大できます)


輪っかのつながりを切っているのに、何故か正方形とか立体交差とかが出来ています。
…不思議でしょう?


この結果が面白くて、またパターン化できそうだったので、
この記事で擬似数学的に考えてみます。(*1)
(*1)(飽くまでも擬似なので、数学的に正式な、トポロジー的解析等はしません。)
   (と言うか誰か書いてください)



簡単な説明は他の記事にも載っていますので、そちらも併せてご覧ください:
Google検索:輪飾り+正方形
Google検索:輪つなぎ+正方形


以下、記事を読んだり、実際にやってみた事を前提に、話を進めます。

(この記事の英語版:Paper chain cutting
続きを読む...
「たいへんたいジェネレーター」について(計算含む)
09月16日 (火)
プログラミングの各過程の復習、兼、JavaScriptとかCSSとかの習作としてつくった、

たいへんたいジェネレーター
https://googledrive.com/host/0B9f3hv6KkjXcS19ZMmxxdGE5bUE/THM/tht-gen.html 
https://yk0242.github.io/incubation/incubation-js/THM/tht-gen.html


上記ツイート後に、ツイッター連携を追加したので、極端に長かったり短かったりの、興味ある結果が出たら、結果表示から直接ツイートできるようにもしてあったり。

類似プログラムを見て興味を持ったので、自分もちょっと足して作ってみたパターン。
(参考にしたプログラムとかは実際のページの下部参照。)

バグ報告や改善案、感想等はcatmark_yygm.pngへメールか、もしくは @kitamiya へツイートして下さい。



以下、統計結果とかその数的根拠の計算とか。

続きを読む...
グリマスの固有スキル効果の計算方法の考察
03月20日 (水)
グリマス(アイドルマスター ミリオンライブ)のスキル効果について、
気になったのでちょっと調べてみた。

途中経過をまとめているのが以下。
グリマス:スキル効果の推測・調査
ある程度溜まったらwiki追記とかしようかな…


その中で、固有スキル効果の計算中、微妙に端数が出たりしていたので、
解決すべく各効果による変動後数値の計算方法を少し考察してみた。

こう言った考察は、ブラックボックスの出入りの前後から
見えない中の動作を推測するので、少し楽しい。


で、結論としては、多分こうなっていると思う。
発揮値= floor(AP*倍率) + floor(DP*倍率)
(floorは切り捨て)


以下、考察詳細。
続きを読む...
ポアンカレ予想の話。
03月28日 (金)
去年10月放送のNHKスペシャルだが、今まで見る機会が無かったので、偶然ニコ動で見つけたので見てみた。




これはCGの有効活用と言わざるをえない。


フェルマーの最終定理の話もそうだが、やはりさまざまな人物の貢献と、いろいろな角度から徐々に解決へと近づく様は、見ていて心が躍るw

時間が足りないのに、思わず見てしまう。横道に逸れすぎだ、自分w
しかし肝心の論文は、当たり前だが訳分からん。
それでもたまに見覚えのある様な部分があると楽しいw

参考:
【Google】番組タイトルでの検索結果 -ここの(多分)一つ目から、NHKスペシャル公式へ飛べる
arXiv.org -ここで"math/0607607"と検索した先から、該当する論文のまとめが読める。(無料)

copyright © 2005- , yk. all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
/ 無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。